老舗ソファメーカーが革についてマニアックな情報を書いていきます。

革ブログ

製作工程

【製作工程】ペンケース・ポーチはこうやって作ります!事例紹介

ペンとポーチの革小物製作事例

ペンケースの製作ご依頼は今まで結構いただいており、非常に人気のある商材です。

お客様側も「どうやって作られているの?」と興味を持たれている方も多いので、今回はペンケース(ポーチ)の製作工程をお伝えいたします。

革の選定

まず、ペンケースに使用可能なサイズの革選定を行います。

革のペンケースの事例

ペンケースは現在 大・小2種のサイズのものを製作可能です。

革は比較的大きめの革を準備します(約6デシ程度=20㎝x30㎝)
そして内側になる布地も同時に同じサイズの物を準備します。

準備のポイントとして、革の傷、汚れ、おなかの部分で無い事を確認し、今一度革サイズを確認し、裏側用として準備した布地と共に革裏と布地の裏側全体にムラなく接着剤を塗布します。

塗布した接着剤が乾燥するのは数分で最適な状態になり、革と布地をしっかり押さえつけ固定させます。

これで材料の加工前の準備完了です。

加工作業

次にペンケース用抜き型を予め製作してあり、この抜き型を使用し8トンプレス機で一気に革を抜き切ります。
ハサミや、ナイフでの裁断も可能ですが、切り口が綺麗に切れない為専用の抜き型を用いて一気に全周を切る事でスピーディに作業が進みます。

ブランド名、キャラクターの刻印をこの段階で、専用機にてプレスしながら焼き付けます。

結構大変なファスナー縫い付け

ファスナーを着ける部分を専用の革剝き機を用いて厚さを約1㎜に、幅を15㎜程度に裏側を薄くします。
薄く剝いた部分を10㎜程度折り曲げここにファスナーを縫い付けます。
まずは革の色に合う色のファスナーを選定します、
革と同色のファスナー色を選定すると、落ち着いたイメージとなり、革より明るい色を選定すれば、やや派手なイメージに仕上がります。
ファスナーを縫製する時が一番緊張する工程です、縫製ラインが真っすぐに縫えるか?少々でも歪みが出ると上質の商品から2流品へと格下げになると思いつつ作業を進めています。

 

仕上げ

次に裏返しにして最後の工程として両サイドを縫い込みます。
この工程もペンケースの仕上がり、スタイルをよりかっこよく見せるポイントでもあります、大事な工程です。

革のペンケースの事例

仕上げ厚みを30㎜程度にする想定で4角を25㎜つまみ縫いします、もう少し高さを出す場合、このつまみを30㎜とか35㎜に縫い込めば厚みのあるペンケースとなります。

ペンケースにはボールペン程度で有れば大よそ10本程度収納可能です。

 

ポーチの製作工程も解説

次にほぼ同じ工程で進める事が出来る「ポーチ」の製作工程に触れます。
このポーチは女性に評判の良いサイズとなっています。
バックインバックとして使用するケースをお勧めしています。
ちょっと出かける時の簡単化粧道具入や女性は色々使いこなせる事が出来る重宝なものと理解しています。
男性には出張時などに携帯の「充電器入れ」として、またバックインバックとして、バックの中を整理整頓するのに便利、小さなものを入れビジネスバックの中を綺麗に整理できる便利小物です、「USB」など入れている方も居ります。

製作工程は、ペンケースよりやや小さな革を準備します「約4デシ程度:20㎝x20㎝」の革と同じサイズの布地を準備し、接着工程から始め、後はペンケースと同じ工程で進めます。
この時もやはり、ファスナーを縫い付ける工程が一番重要で緊張する瞬間です。

ペンケースも含めほぼ弊社商品には社名や各キャラクターの刻印を押印します。
刻印の準備については色々な要望にお応えできます、お客様の求める社名やブランド名、その他キャラクター等は「PDF」でデーターを戴ければ、約2週間程度で刻印製作会社より依頼の刻印が仕上がって来ます。
現在手元にはキャラクター刻印としてあまり種類を準備していませんが、「12支」(子、丑、寅・・・)は準備してさらに人気の「猫・フクロウ」が有ります。
更に福井県は恐竜の町として近年全国にPRを進めていますが
3体の恐竜イメージの刻印をつくり、福井県のPR活動に乗っかり
刻印しています。
革小物としても何らかの刻印が有る事で評価が変わります。

ペンケースの製作(ポーチ含む)刻印のさわりをまとめました。

ホームページにも今回ご紹介したペンケース・ポーチの写真事例がありますので、是非そちらもご覧ください。

ミスターレザーはコチラ

-製作工程

Copyright© 革ブログ , 2020 All Rights Reserved.