老舗ソファメーカーが革についてマニアックな情報を書いていきます。

革ブログ

コラボ企画

「革」有効活用 「学校現場」から

今回2回目となります、「福井県立福井南特別支援学校」への革提供から学ぶこと。(以前にも別記事で学校に革を提供したことを書きました。)

学校で革を使った体験授業
※福井県立福井南特別支援学校:全容

現在も同校に対し、革材を提供させて頂いています。

ソファ用に裁断を済ませた革の一部は、創意工夫する事で、革小物製品に生まれ変わる程度の大きさ(A4サイズ程度)の革が有ります。
これらを保管し、ある程度の量が纏まった時、学校にお送りしております。
先日同校より依頼を頂き、革製品製作中の生徒さんたちに対し製作中に感じた事等アドバイスをして戴きたいと言うご要望でした。

当日案内されたのは 生徒さんが製作している教室で、多くの革材に囲まれ、先生から「当日のテーマ」に対し各人のやるべき事をまず確認が有り作業スタートと言った流れです。
教室に入るとまず目に入ったのが大きな革で製作した「Ms’craft factory」と素敵な手作りの「壁掛け」でした。

学校で革を使った体験授業

この「壁掛け」が有る事で「革製品製作 教室」と強く印象つけていました。
生徒さんは高等部=6名が革小物製作にトライしていました。
先生方がほぼマンツーマンで、それぞれ的確な作業の流れ、細かな手さばき等各人にご指導されています。
先生方も指導する立場で、これまで経験のなかった?「革細工の製作」
に取り組まれ、また製作するアイテム等事前に研究されている姿の「一生懸命」さが伝わります。
製作するデザインが決まれば、どうすれば「素早く、綺麗」に仕上がるか?どんな手順で進めるか、またそれらを生徒さんに理解して貰えるには「どのように的確に伝えるか?」等、単に革製品を製作するだけでなく、「教える」方法まで研究されている事に感動します。
私はデザインや使用する部材、作業工程等を自分で考え自問自答しながらブツブツ言いながら試作する事が有ります、到底それらを生徒さんに理解して貰える方法で伝える事は出来そうも有りません。

学校で革を使った体験授業
※革裁断後の「ホック留め前の革ポンチにて穴あけ作業中」

授業開始と同時に本日の「製作目標数」を掲げ、生徒さん別に確認し作業開始となります、作業はモクモクと進めています。

学校で革を使った体験授業
※次工程=ホックを取り付け「木槌」にてホックをしっかり固定します。

作業の流れが前後しましたが、革の裏側に「専用剤」をすり込む作業が有ります。専用剤を革の裏側に刷毛で素早く塗布し、専用の「ガラス板」を用いて満遍なくすり込んでいます。
この作業をしている生徒さんを見ていますと「手さばき」が職人さん並みです。

学校で革を使った体験授業

更に作業は進み、下記の完成品となります。

学校で革を使った体験授業

上記写真、完成品の用途は「小物入れ・小銭入・名刺入れ」等使用者の思いのままでご自分の使い易さを見つけてご使用になれる商品となります。

別の生徒さんは「手縫い」に挑戦しており、予めあけられた穴に手際よく、やや太めの糸で縫い込んで行きます。
縫い方もしっかり糸を引っ張り「ミシン」で縫ったように綺麗に仕上げるよう心がけている様子が伺えます。

学校で革を使った体験授業
※それぞれの役割が有り、手際よく進める様子

部外者の私が居ても、わき目する事無く作業は続きます。

学校で革を使った体験授業
※手縫い中の二人

これらの作業を見る限り弊社からさしあげた「革材」は無駄なく、確実にお役に立っていると確信しました。
これからも引き続き「選りすぐり」の革材を提供続けたいと感じます。

先生から他の教室のご案内をして戴きました。
木工=テーブル?造りにトライしていました。
ここでのご指導担当は男性の先生でした。いわゆる通常の木工会社のような木を切る機械が数台あり、これらを生徒さんが使用して部材造りを行います。
その後、組み立て作業をしますが、少々の(数ミリ)誤差を補正しようと生徒さん達が皆で議論し完成品へと進めていました。

更に他の教室では、「焼きもの教室」です、本格的な「背丈」程度の「焼釜」が設置してあります。本格的な焼きもの製作と同じく、材料の土をこね、カップ類や平皿等多種多様な完成商品が棚に並べてあります(写真は有りません)

他に、和紙の端材を調達され和紙素材で小物つくりの教室も見学しました。
それぞれの教室には数名の先生が居られ、気を抜く事無く生徒さんのご指導に集中されている様子は頭が下がります。
大変ご苦労様です。

今回、校内の「革小物製作教室」以外に他の教室を視察させて頂いて感じる事は 生徒さんの頑張り以上に先生方のご苦労に感動です。

ミスターレザーはコチラ

-コラボ企画

Copyright© 革ブログ , 2020 All Rights Reserved.