ふるさと納税

再び・ふるさと納税:返礼品

「ふるさと納税」に関する「ブログ」はこれまで数回とりあげました。
今回も「ふるさと納税」の返礼品の現状について、纏めます。

革小物ブランド「ミスターレザー商品」を「福井県越前市ふるさと納税:返礼品」に登録させて戴いてから3年目になります。
年間の受注パターンがようやく分かって来ました。

1年を通じて11月の後半から12月末に向けて活発な依頼が有ります。
本年度中に「ふるさと納税の手続き」すれば翌年の確定申告に充当できる事から、駆け込み依頼が多くなります。
昨年12月中旬、月曜日の朝、いつものようにPCを立ち上げふるさと納税の受注状況を確認した所30件を超す依頼が有り、ビックリでした。
金曜の午後から日曜にかけての3日間の纏めを連絡頂いたものでした。

製作にも限度がありますが、この前後にもご依頼が有り、一時70件ほどの依頼を抱え込みました、必死で製作を進め、年内にほぼ発送を済ませた記憶がまだ新しく、今年は如何なものか?ドキドキ状態です。

割り込み開設

「ふるさと納税」と言いますが、正確には「税」では無く「税に充当する」と言う仕組みです(「寄附」扱いとなります)。

「生誕のふるさと」にて「幼稚園・小学校~高校」まで地元の「ふるさとの税金」を使って教育を受け、やがて大学等に行く時 都会に憧れ、都会の有名校に進む事が多く、更に大学卒業後もそのまま都会など地元以外の所に就職するケースが多く有ります。
「教育の基礎」は地元の税金を使ったら、その後も「地元に就職し、地元に納税する事が一番望ましい」と行政に携わる方達の思いは有るようです。

「生誕の地で基礎教育を終え、その後も地元で就職し、地元発展の一役を担う」事が出来ない事から、せめて地元に恩返しが出来る仕組みが有れば良いのでは、と言う事で「ふるさと納税」と言う発想が生まれてきました。
※「ふるさと」だけでは無く「応援したい地域」又は「魅力を感じる地域が扱っている返礼品」を選択可能です。

以前にも書きましたが、「この仕組みの発案」は「自治省出身」の「元福井県知事:西川知事」が政府にこの仕組みを提案した事から生まれた仕組みと聞いています。

「ふるさと納税」と言う事でも「寄附」扱いになります、その「寄附額」相当を翌年の「住民税・所得税」に当てられるような仕組みとなっています。

※簡単に書きましたが、実はなかなか複雑です、
「りそなグループ」が纏めた内容を添付します。

ふるさと納税とは、国民が好きな自治体(都道府県や市区町村)を選んで寄付ができる制度です。
過疎などにより税収が減少している地域と、都市部との地域間格差を是正することを目的として作られました。
ふるさと納税では、先述のとおり「寄付金控除」という制度を活用しています。所得税では寄付金分の所得控除が、住民税では税額控除が適用されます。特に、軽減効果がより大きいのは住民税の税額控除です。

引用元:りそなグループ ふるさと納税とは?仕組みやメリットをわかりやすく解説

このように、ふるさと納税は税額控除の額が大きく、なおかつ自治体から返礼品を受け取ることができるため、非常にメリットの大きい制度といえるでしょう。

この様な仕組みを上手く活用される方がますます増えているようで、弊社扱いの「革小物」のご要望も増加しています。
寄附額から手数料的金額2,000円を差し引かれますが、その額の30%未満相当の返礼品を選ぶ事が出来ます。

ミスターレザーの出品革小物

革の種類
※弊社が返礼品に登録商品の一部

「弊社商品」登録の中からの一番人気は「ペンケース」です、次に「マウスパット」「ティッシュケース」「トレー」「袱紗」「メガネケース」の順にご依頼を戴いています。

革のティッシュボックス

「ペンケース」の場合、お子様やお孫さんにプレゼントと言うケースが多く、お一人で数個の色違いを求められる方も居ります。

「マウスパット」ご希望の方の場合、目立つ所に「お名前・イニシャル」を入れる事が多く、又は「格言・座右の銘」を入れてほしいと言う要望がよくあります。
その一例として「継続は力なり」「やれば出来る」などをレザー加工で革に印字します。
「マウスパット」は常に目の前にあり「座右の銘」を確認しながら自問自答するのでしょうか?

登録されている革製品には、福井の「恐竜」が有名である事から3体の「デフォルメした恐竜の絵」を目立つところに刻印しています。

年末近くになり現時点ではほぼ毎日ご依頼が入るようになってきました。
ご依頼の有った商品は、滞りなく、ミス無きようお届けする様、心掛けています。
先日越前市に弊社商品の取扱数量を確認した所(福井放送取材前に実情を確認)弊社が扱っている革製品の出荷数は、食品以外では「断トツナンバーワンです」と言う事をお聞きしました。
更にコレクションを増やしても行こうかと考えていますが、要検討です。

さいごに

「ふるさと納税」の活用も年末になると年間のピークが来ます
せっかくお選び頂いた製品です僅かでも「感動」をお届け出来れば幸いと心掛けています。

ミスターレザーはコチラ

 

-ふるさと納税

© 2022 革ブログ