製作事例

足の「浮指」原因と対策、&変わったデザインのスリッパ

今回あまり聞きなれない「浮指」と言う症状がある事を知りました。
これまで聞いたこと無い「浮指」を知ったのは「ミスターレザーHP」に「革製特殊スリッパ」を製作して頂けないか?と言う依頼からでした。

浮指に関し少々調べた所、女性に多く、その原因の一つに「足サイズに対しキッチリサイズ」の靴を長時間履いている、「ハイヒール」をよく履く方に多く、また「運動も殆どしない」と言う方に多いようです。

更に発達中の子供さんも要注意のようです。
毎年成長が早い「育ち盛り」で足サイズも当然変化して行きます、成長と同時に靴も変える必要があるようです、小さな靴を履き続けると、「浮指」の原因になると言います、女性に次いでお子さんの「浮指」が多いようです。

浮指の何が問題か?と思いきや放置する事で腰に負担が掛かり「腰痛の原因などにも発展する事が考えられる」と言います。

浮指の場合、普通に立っている時、各「指の先端」が地に着き難く、やや床から浮いている状態になるようです。

通常、足の「指先」に力が入る事で「安定」して立つ事も出来、また歩行も容易に出来ます、「浮指」の場合踏ん張りがきき難いようです。

この様な現象をこれまで気にした事は有りませんでしたが、「浮指」と言う症状が有る事を知った事で、少しでも改善の糸口をつかめる様な事が有れば、ご協力したいと考えています。

浮指対策の為の検討を進めている方を具体的にはお知らせ出来ませんが、革製特殊なデザインのものを試作させて頂いております(2回目終了)
この商品で困っている方へ少しでもヘルプになる様であれば幸いです。

藥機法の壁

藥機法(旧 薬事法)の関係で、どんなに改善効果があるとしても、藥機法では、臨床実験など、個人的には法律の壁を登れません。

従って、困っている方が自らトライし、それらをお使い頂きご自分で改善出来たか否かを判断頂くことが重要かと思います。

「藥機法」を少し調べました

『薬機法とは、正式名称を「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」と言います。』

引用:薬事法ドットコム

その名の通り、医薬品、医療機器等の品質と有効性および安全性を確保する他、下記を目的に製造・表示・販売・流通・広告などについて細かく定めた法律です。

  • 保健衛生上の危害の発生及び拡大の防止
  • 指定薬物の規制
  • 医薬品、医療機器及び再生医療等製品の研究開発の促進

注意したいのは、薬機法は、医薬品や医療機器だけでなく、医薬部外品、化粧品などの定義も定め、健康食品の規制にも活用される点。

以上の様に「病気等を改善させる機器、薬」など、対応者が誤解を受ける様なPR、言葉使い、をする事は禁じられています。

スリッパのデザインと工程

少し前のブログにも書きましたが、スリッパのデザイン「バブーシュ」タイプと言うデザインが有ります。
「バブーシュ」とは元々「モロッコ」の「革製スリッパ」でかかと部分を踏みつけても使えるデザインです。


※弊社のソファ用革材にて製作した「バブーシュ」スリッパです。

製作には まず専用の「革抜き型」を用いて、革のカットを行います。

革、カット後の画像です。

最終的にこれらを立体的に縫製し完成させます。

このスリッパはお客様用として使用しています、とても人気です。
特に来社されたお役様にこのスリッパに履き替えて頂き、社内の案内等終了時に、そのままお持ち帰りして頂くようお勧めしております。
殆どのお方はお持ち帰り頂けます(当然無料です…)

※元々スリッパを造ろうと言う事になったのは、来社された方がかなりの「潔癖症」の様で、内履き用の履物をご自分で持参されていました。
他の方がご使用になったものは使用したくないと言う事でした。


※社内用に製作するには「4点」の内どのタイプにするか「若手社員」に確認した所、圧倒的に「バブーシュ・タイプ」でした、それでこのタイプの製作を進めました。(右端)

バブーシュ・タイプが出来上がった頃、偶然に「ミスターレザーHP」にて宮崎県の会社の方から「スリッパ」の製作が可能か否か確認のお問い合わせを戴きました。
出来上がって来た「バブーシュ」の画像をお送りした所、即決で大量発注頂きました。

「偶然」は有るものだな…色々製作しておく事が「偶然」を拾ってくれるのかな、と言う出来事でした。

ミスターレザーはコチラ

 

-製作事例

© 2022 革ブログ