会社紹介

もの造りの技、日本・福井の技

世界各国に「その地」に伝わる「眼を見張る」素晴らしい「もの」がたくさんあります。
それは大から小まで多種多様です。
例えば何千年も前に建設された建物はどの様な努力をすれば成し得られるのか?どのように設計し、いったい何人が何年かかって作り上げるのか?

サグラダファミリア
※サグラダファミリア、典型的な有名な建物

これら建設物なども「技」と言えるのか?「目を見張る」ものにはある種「共通」する事があると思います。
それは「妥協しない」と言う事、「困難に打ち勝ち継続する」と言う事が共通点と考えます。
近年日進月歩の如く進化している「AI」関係も突然出来上がる訳で無く寝る時間を惜しんで目的 目標に向けて一生懸命、この先に「目的達成」が待つ、この点もやはり、妥協する事無く、継続する事で成しえられると思います。

手に取れる程度の小さいものも同じく、誰もが高く評価する「もの」も「こつこつと妥協しない」で作り上げる「技」が成しえる事と思います。

福井のものづくりの技

日本には各地に伝わる「技」が集結したものが沢山あります。
有名な「工芸品」も代々伝わる「技」の継承で見事に完成する。

福井県には伝統工芸品が、沢山集結している県で有名、陶芸品、打ち刃物、漆器、和紙、メガネなどが存在しています。

これらは、歴史を見ても急に最近出来上がったもので無く、古くから脈々とその技術を「研ぎ澄まし」後継者たちにうまく受け継ぎ、工芸品とか、実用的に進化して来た「もの」が評価されています。

※越前漆器協同組合:うるしの会館より ・漆塗り:吸い物椀

竜田川
竜田川

扇松
扇松

漆塗りの独特雰囲気を感じる「吸い物椀」等数多くを展示している「同会館」に行くと圧倒されます、「各品物」が、職人の技術を結集した後をまざまざと感じられます。
ただ職人さんの中には「鑑賞用」とか「腫れ物に触る感じ」と言う事無く、「気軽に食卓を飾ってほしい」と言います。
昔は我が家でも「漆塗りのお椀」などは日常のように使用していました。

うるしの里会館
※福井県鯖江市:うるしの里会館内風景

また、同市・鯖江市には世界的にも有名な「メガネの産地」が有ります。
※個人的には私の姉がメガネ生産会社社長に嫁ぎ、いつも「メガネフレームの製作風景」を見聞きしていました。

「メガネ製造」の内容は、非常に細かくまた多くの工程(300工程以上とも言います)を進め完成しますが、これらも大変な「修行」と言うか「創意工夫」の必要な商品かも知れません。

特にメガネは「視力の補正」のほか「オシャレ」「趣味嗜好」を重視したものも多く、「デザイン性・軽量化」など奥行きの有る業界と思います。

メガネミュージアム
※福井県鯖江市内にある「メガネミュージアム

メガネミュージアム
※「メガネミュージアム」会館内風景

伝統的商品は、地域ごとに結集し、情報交換など活発に行い「伝統の灯を消さない」「更に躍進する為」には、と言う事で皆さん頑張っています。

 

ソファメーカーとして

私は「ソファメーカー」で育って来ましたが、ソファ製作は何十年もの歳月の中で「得て来た技術」を少し活かしながら、新たな「革小物」製作をはじめ5年を過ぎました。

ソファ用に専用の「自動裁断機」でカットされた革でソファのパーツとして使用不可能なサイズの革は「端材」として廃棄する事になります。

私としては「廃棄」する革の中でも、「捨てられない!」見逃せない性格で、まず「廃棄」する予定の「革」全てを「使用可能な革」と「使用不可能な革」を選別しています。
作る「革小物」の中でも「硬めの革」「柔らかめの革」に分け更に「お腹部分」の革は廃棄します。

革製品の製作は「革の選別」を終えたものから、「革カット・接着・縫製、完成」へと進めます。

コレクションとしては単純なものが多く、「技術の粋を集めた商品」と言うものが無く、「革製品ショップ」などで販売されているものを見ると、その「仕上げ技術」など大変羨ましい限りです。

でもこれらを目にする事で「闘志が燃えます」、もう年齢的にとっくに隠居しても可笑しくない年になりましたが、今しばらく燃え上がった闘志を商品作りに生かして行こうと心に刻んでいます。

ミスターレザーの商品一覧
※私の製作したコレクションの一部です。

この12月には1ヶ月で約150件以上の「ふるさと納税・返礼品」の依頼が有り、少し遡れば、約4カ月で230件を超える依頼を戴きました。(依頼の50%近くがペンケースでした)
それだけ注目を戴いていると言う、誠に感謝すべき事と思っています。
R3年1月後半になりますがようやくご依頼の商品出荷が終わり、ホッとしております。

少し時間が取れる時期となって、「新商品開発」を心掛け、「技術の鍛錬」を怠る事無く「コレクションの充実」をはかるつもりです。

ミスターレザーはコチラ

-会社紹介

© 2021 革ブログ