製作事例

コロナウイルス対策マスク「革ケース」にトライ

相変わらず世界を震撼させている「コロナウイルス」は衰える事無く油断の出来ない不気味さがあり、今後も引き続き不安が残ります。

当初「布製マスク」では「ウイルスを防御する事は出来ない」と言う学者の意見が有り、やや惑わされた気がします。
最近では「マスクなし」では外出もできず、マスク無しではむしろ白い目で見られてしまいます。

「ドラックストア」などでは「マスク販売」も品切れする事無く、マスク販売は順調のように思えやや安心です。

私は常に「予備」としてポケットにもう一枚マスクを持ち歩いています(耳かけ部分が切れる事も有る為)
予備品を ただポケットに押し込むだけでは、不衛生でもあり、クシャクシャになってしまいます。
やや厚紙の和紙で作られた簡単な「マスク入れ」を頂き現在使用しています。
「厚目の和紙」と言っても、ポケットに入れておけば「和紙」もクシャクシャです。

マスク入れ紙ケース
※紙ケースもヨレヨレ状態

今暫く「マスク」は手放す事の出来ない「必需品」となり、特に外出時には「予備マスク」は必要。
(今後数年間この「マスク着用習慣」が続くのでしょう…)

 

「革製の予備マスク入れ」に着目し只今試作中

価格を抑える事も大切ですが、せっかく持ち歩くなら、「おっ…」と思われるような物を考えます。

革を使用する場合、直接マスクと「触れ合う部分」には「抗菌仕様の布地」または「制菌加工素材」を用いての、衛生面でも配慮を検討しています。
「抗菌」と「制菌」の違いが分からず少し調べてみました。
以前は「殺菌」と言う表現で表していた「菌を死滅させる」薬剤を布地などに含浸させる技法です。
「殺菌」と言う表現が余り宜しくないと言う事で改めて「制菌」と言う表現に変更になったようです。

「制菌加工」とは

制菌加工について調べたところ「ユニフォームタウン」という制服専門の通販サイトに記載されていましたので引用いたします。

制菌加工とは、衣類やシーツ、医療関係者の白衣やマスクなどに用いられる、繊維に付着した菌の繁殖を抑え、製品に付いてしまった皮膚常在菌や有害細菌の増殖を抑え、製品の衛生面を高く維持するために行われる加工です。
よく似た言葉で、抗菌加工という加工技術もありますが、両者にははっきりと違いがあります。具体的には以下の通りです。
制菌加工:繊維に付着した菌の繁殖を抑え、体に有害な菌の増殖を抑える目的で使われる
抗菌加工:ニオイの原因となる黄色ブドウ球菌の繁殖を抑え、防臭目的で使われる
抗菌はあくまでもニオイの菌を抑えるための加工であるのに対し、制菌は有害な菌の増殖を抑えるという大きな効果が期待できるものです。医療関係の衣類にも使われることから、抗菌加工よりも高度であることが分かります。

【効果】制菌加工を施した衣類とそうでない衣類とでは、有害な菌の繁殖具合に大きな差が生じます。実際に細菌数の推移を調査した実験のデータを見てみると、制菌加工の効果が一目瞭然です。

引用:ユニフォームタウン 制菌加工

と言う調査内容が有り「コピー」させて頂きました。
コロナ感染が、依然として治まる事無く、色々な場所からクラスターが発生しています。
福井でも「カラオケ喫茶」らしき所から、感染者が増大しています。
熟年の方々の「憩いの場所」として親しまれている、お昼の時間帯で、比較的お安く、カラオケで自慢の「のど」を唸らせ楽しんでおられます。
その楽しみの有るお店から感染者が出ては、楽しみにしていた方々の憩いの場所が無くなり残念でしょう。

 

試作過程

「マスク革ケース」の試作に戻ります。
チョット出かける場合には「予備マスク」等不要でしょうが、長時間の外出、宿泊が伴う外出時には、予備マスクは必要となります。

革製マスク入れの試作品
※試作途中の画像(白い部分が芯材)

芯材に「革」を貼り付け、直接マスクに擦れるところをその上から「抗菌加工布地」又は「制菌加工布地」を貼り、清潔感を重視します。
ただマスクを折りたたまないで収納するサイズの為、この「革ケース」を持ち歩くには「女性やビジネスマン」が持ち歩くようなバックに入れる必要があります、やや大きい為。

革製マスク入れの完成品
※完成品画像

ケースサイズ=約 幅200㎜高さ120㎜厚みは5㎜程
マスクの収納数としては約3~4枚は可能かと思います。
先日、社員に試作品として20個ほど造り希望者に渡しましたが喜んで使って貰っているようでホッとしています。
一日でも早く終息してほしい「コロナ ウィルス」です。

ミスターレザーはコチラ

-製作事例

© 2020 革ブログ