製作事例

「カード収納ケース」の人気上昇

歳を重ねるにつれて、体のアチコチに不具合が発生してきます。
その時々に、いろいろな病院に行きます、「歯科医院・整形外科・内科・眼科…」と「多くの病院を渡り歩きます」
その時困るのが「病院の専用カード」です、また「お薬手帳」「保険証」と色々持ち歩いているのは皆さん同じのようです。

「ミスタレザー・革小物コレクション」の中に「カード収納ケース」が有ります。
先般、地元・福井放送の放映から、「TVを見ました」と言う地元の方の来社されるケースが増えました。

先日、隣の市の方で年配のご夫婦が来社、70歳になったばかりと言うお二人がTVにて見た「革製品の現物が見たい」と言う事でした。
いろいろ手に取られ、お二人そろってオーダされたものが「カード収納ケース」でした。
お二人それぞれ、カードケースの部位毎に色を指定されました。
表面はブラウン色、中はグリーン系、…など細かなご依頼でした。

※カード収納ケース:病院毎のカード、保険証・お薬手帳、現金など収納可能

※写真は先のご夫婦のご依頼品と異なり私が使用中のケースです。

  • お札
  • お薬手帳
  • 12枚のカードポケット
  • 小銭入

などなど、多機能に仕上げましたものです。

1週間後、製作完了をお伝えした所、その日の内に引き取りに来られ、「想い通りの配色で大絶賛」でした、あまりの喜びようで、逆に私に「感動」を戴きました。
「早速このカード入れを持ち病院に行きます!」と言うコメントで、病気も思わず改善するかのような「素敵な笑顔」でした。

小さな偶然

「越前市:ふるさと納税」にも登録していまして、意外に多くの方のご依頼を戴いています。
「ふるさと納税」の場合、表面の革色はご指定受けていますが、中のポケットの色や内側に使用している布地の色まではお任せとしています。
先月(1月)に検査の為 大きな病院に行きました、待ち時間が長く1時間ほど待合スペースに居た所、すぐ近くの椅子に腰を下ろした方の脇に抱えた「茶色いケース」が見た事が有るなと思いつつ、じろじろ見ていると、まぎれもなく、私の作った「カードケース」でした、偶然の出会いでした(刻印も見えて確信できました)
この方に「求められた先」を聞こうかなと思いましたが、私の順番が来てお聞きする事無くそのままとなりました。
たぶん、ふるさと納税で…?意外な所で出会いビックリでした。

※各色サンプルの一部です(写真は財布です、カード入れのサイズ違いです)

写真は「財布」ですが「カード収納ケース」は幅が財布サイズの1.5倍程度あり(約15㎝)、中に収納するものを考えた結果のサイズとなりました。
病院にはあまり行きたくないですが、時々行くと、あまりに多くの方々が何らかの病気やケガをされた方が居て驚きです。

余談になります

先日知り合いの「陶芸家」先生のイベントに、久し振りにお邪魔した所、奥様が2年前に他界されたと聞きビックリでした。
その時の話をお聞きすると、背や腰に違和感が有り、近くの病院に出向いた所、「腰痛でしょう、貼り薬と飲み薬を出します、これで様子見して下さい」と言う事だったようです。

しかし「半年、1年経っても」全く改善の気配が無く、むしろ食欲が落ち、体重も数キロダウン。
お二人は元々京都の方で、実家に戻った時、近くの病院にて再検査した所「レベル4のすい臓がん」である事が判明し、「余命を宣告」され「即入院」を言われたようで、もう手遅れで「手の施しようもない」なら近くの病院の個室を借り、「一日中 奥様のそばに居てあげたい」と言う先生のお気持ちを貫いたようです。
(思わずその優しさに貰い泣きしてしまいました)
「当初の病院には強い恨みを抱き、今は気落ちして何も手に着かない」
と、かなりの落ち込み用で、励ましの言葉も出ませんでした。

たまたま私も、昨年10月頃の「ソフトボールの練習中」内野ゴロを取ろうと腰を曲げた時、背(腰に近い部分)にギクッとした感覚が有り、「ギックリ腰かな…?」と思いつつ1ヶ月が過ぎましたが改善しない為近くの病院に行き「MRI検査」を受けました。
結果は軽い「ギックリ腰でしょう」と言う診断でした。
その後もその違和感が続き、1カ月後 以前から通院している内科の先生に経緯を説明し、すぐ「尿と血液検査」をして戴いた結果は、「膵臓に異変が起きている、すぐ大きな病院に行きなさい」と言う事から「紹介状を書いて戴き、総合病院で再検査となります、結果は膵臓の炎症は治まっているが、左側の腎臓の上部に6㎜程度の突起が見える事で「2カ月後に再検査しましょう…」と物騒な診断でした、先の陶芸家の奥様と似たような経過でしたが、現状は進行していないようで、まずは安心している所ですが心配の種でもあります。

今回、何故か私の「秘密」を暴露してしまいました(笑)今はいたって健康に過ごしていますが、検査をしながら経緯を見る事としています。

皆さんも違和感が有れば素早く信頼の出来る医者に行くべきです。
※余談が長過ぎました。

ミスターレザーはコチラ

 

-製作事例

© 2022 革ブログ